ロイター通信は10月20日、米司法省が反トラスト法(独占禁止法)違反で米グーグルを提訴したと報じた。ネット検索と広告において自社の圧倒的支配力を利用して他社との健全な競合を阻害したとして。米政府が問題視してきたテック大手の反トラスト法違反の疑いに関連して最も大きな動きとなる。