ウォール・ストリート・ジャーナルは19日、米国でEV(電気自動車)バッテリー関連の不具合が立て続けにおき、EV販売を拡大させたい自動車メーカーの悩みの種になっていると報じた。2020年10月に入ってから米ゼネラル・モーターズ(GM)製のEVで、2人の所有者がバッテリーと思われる場所から火が出たとの苦情を申し立てた。数日前には、米フォード・モーターもバッテリー関連の問題点が見つかったことからPHV(プラグインハイブリッド車)の発売延期に踏み切っている。