ロイター通信は19日、4年前の米大統領選でドナルド・トランプ米大統領が勝利した「ラストベルト(さびた工業地帯)」で、今回は同氏が勝てない可能性が出てきたと報じた。オハイオ在住の共和党支持者、ターニャ・ウォジアックさんは4月に新型コロナウイルスで友人をなくし、トランプ氏の対応に怒りを感じているという。ロイターと米調査会社イプソスの世論調査でも、ペンシルベニアやミシガン、ウィスコンシンなどで民主党候補のジョー・バイデン前副大統領との差がほとんどなくなってきている。