米ウォール・ストリート・ジャーナルは10月12日、米ウォルマートや米アマゾン・ドット・コムなどが今年は年末セールを10月中旬からに前倒しして実施すると報じた。新型コロナウイルス大流行の影響で消費者の購買がオンラインへ移行した。11月には米大統領選挙を控え、社会的な混乱が予想されることから、早めにスタートして「不安定な1年」の最後に売り上げを伸ばしたい考えだ。