ロイター通信は10日、米ボーイングが世界で既に広く使用されているモデル「737 NG」の810機を点検したところ、そのうちの38機で亀裂が入るなど修理が必要な状態であることが分かったと報じた。亀裂のほとんどは胴体と翼の接続部分で見つかったという。