テッククランチは9日、米マサチューセッツ工科大学(MIT)が中国画像認識技術の商湯科技(センスタイム)と同大の関係について内部調査を始めたと報じた。センスタイムは米商務省が輸出規制の対象とする「エンティティー・リスト」に8日に追加された。同大は「リストに新たに掲載された全ての団体との関係を調べ、必要なら修正する」と説明している。