ロイター通信は3日、パソコン大手のHPが最大で全社員の16%に当たる9000人を削減すると報じた。リストラの経費として10億ドルを費やし、2022年までに10億ドル規模のコスト削減を見込んでいるという。同社の株価は2019年初から同日までに10%下落した。