ウォール・ストリート・ジャーナルは10月1日、米中貿易戦争による関税などの影響で、米製造業の景況感が悪化していると報じた。サプライマネジメント協会(ISM)が発表した9月の製造業景況感指数は前月比1.3ポイント低下の47.8ポイントを記録。2009年6月以来、最悪だった。