テッククランチは24日、米ボストン・ダイナミックスが2013年に開発を始めた二足歩行のヒト型ロボット「アトラス」が体操の技を覚えたと報じた。その様子はまさにヒトそっくり。1回ひねりのジャンプを含む床の連続技を80%の成功率で実行できる。プログラミング工程の一部を自動化したことで、以前より短期間で技を覚えられるようになったという。