ロイター通信は11日、トランプ政権が米国内で味付き電子たばこの販売を全面的に禁止する方向で検討していると報じた。フレーバーにひかれて使用するうちにニコチン中毒になる子供たちが増えており、電子たばこが原因で肺の病気にかかった450事例のうち6人が死亡しているという。米食品医薬品局(FDA)が方針を確定後、味付きの電子たばこを市場から排除していく可能性が高まった。