ジョー・バイデン米大統領は、従業員100人以上の企業に対して全従業員へのワクチン接種または少なくとも週1回の新型コロナウイルス検査を義務付ける方向で検討している。米ウォール・ストリート・ジャーナルなどが9月9日に報じた。実現すれば、米国内の8000万人が対象となる。企業が実行を拒否した場合、最大1万4000ドルの罰金が科される可能性もあるという。