ロイター通信は9日、アクティビスト(物言う株主)のエリオット・マネジメントが通信大手のAT&Tに対し、企業を買収するのはやめて自社の事業に専念するよう苦言を呈したと報じた。エリオットは同日、AT&Tの株式32億ドル分を保有していることも明らかにした。AT&T傘下のテレビ局CNNを嫌うトランプ大統領も「素晴らしいニュース」とエリオットを絶賛した。