米ウォール・ストリート・ジャーナルは9月8日、米株式相場が3日連続で急落したと報じた。新型コロナウイルスのパンデミックに強い銘柄が相場を押し上げ、2日に最高値を記録した後の調整売りと見られる。ナスダック総合指数は2日から10%下落した。米テスラは同社史上最も下落幅の大きい21%(88ドル11セント)安を記録し、330ドル21セントで終えた。