ウォール・ストリート・ジャーナルは8日、ドナルド・トランプ大統領が米中貿易摩擦の影響で輸出減に苦しむ米国内のトウモロコシ農家に向けて「残った作物は日本が購入する」と発言したと報じた。理由は日本のトウモロコシの収穫が害虫被害により減少しているためというが、実際の被害はそれほど深刻ではない。しかもすでに日本は国内需要の95%を輸入に頼っており、国内の収穫減の影響は限定的だ。