ウォール・ストリート・ジャーナルは8日、ドナルド・トランプ大統領が同日にワシントン近郊のキャンプデービッドで予定していたタリバンとの個別会談を中止したと報じた。背景には、トランプ政権内や超党派議員から出始めていた反対意見があったという。反対派はタリバンとの和平合意に至らなくても米軍をアブガニスタンから撤退させることは可能だと主張している。