ロイター通信は9月7日、米企業の多くが新型コロナウイルスの影響で混乱が予想される2020年11月3日の大統領選挙を前に、さまざまな方法で従業員の投票を促していると報じた。米ツイッターや米アップルは投票に行く時間を有給とするほか、米スターバックスや米GAP傘下のオールドネイビーは店舗スタッフに地域の投票所にボランティアに行くよう推奨している。