ウォール・ストリート・ジャーナルは4日、連邦取引委員会(FTC)がグーグル傘下のユーチューブに1億7000万ドルの制裁金を科したと報じた。1年間の調査を経ての決断。ユーチューブは、13歳以下の子供のインターネット検索の情報を違法に収集し、バービー人形などの商品の広告販売増につなげていたとされる。ユーチューブはこの行為について否定も肯定もしていない。