ロイター通信は4日、米株式市場の主要インデックスが同日は軒並み反発したと報じた。香港の政情混乱の沈静化への期待が高まったほか、英国でEU離脱延期の法案が可決したこと、中国のサービス分野が8月に過去3カ月で最も高い成長率を記録したことなどが好感された。