ウォール・ストリート・ジャーナルは3日、先月だけで店舗で2件の銃乱射事件のあったウォルマートが、殺傷性の高いライフル銃や拳銃の弾薬の販売をやめると報じた。同日までに保有する在庫を除き、全米の店舗で販売を中止する。全米ライフル協会(NRA)はすぐに書面で「ウォルマートがやめても別の店が売る」と反論した。