米ウォール・ストリート・ジャーナルは9月1日、米マクドナルドのフィランチャイズ(FC)店の黒人元経営者52人が人種差別を受けたとして同社を提訴した。前日にイリノイ州の米連邦地裁に提出された訴状によると、黒人経営者には都心にある利益の出にくい店舗ばかり当てられたという。そのため2011~16年の年商が200万ドルの平均よりも70万ドル低かったとする。