ウォール・ストリート・ジャーナルは9月1日、米国のトラックの受注が激減していると報じた。2018年は運送会社からの需要増で好景気に沸いていたが、米中貿易戦争や世界経済の成長鈍化から受注量が減っている。特に大型トラックの19年7月の受注は前年同期比で80%減、6月も同69%の減少だった。