米ニューヨーク・タイムズは8月30日、米国の新型コロナウイルスによる入院患者数(7日移動平均)が29日に10万人を突破したと報じた。ワクチンが米国で普及する前の2020~21年の冬以来、最高の数字となった。死者数(同)も21年3月以来初めて1000人を超えた。特にワクチン接種の進んでいない南部の州で感染が拡大しており、最も多いフロリダ州で1万6457人が入院している。