米ニューヨーク・タイムズは8月30日、米ニューヨーク市の在住者が郊外住宅の購入に殺到していると報じた。7月、ニューヨーク市郊外の住宅売却件数は昨年に比べて44%増加した。このため住宅の価格も上昇している。例えば、同市近郊のニュージャージー州イーストオレンジのベッドルーム3部屋の戸建ては7月下旬、28万5000ドルで売りに出されていたが、内見が97件、そのうち購入申し込みが24件あり、売値の21%増しの価格で売却された。