ウォール・ストリート・ジャーナルは29日、業績不振にあえぐ農業機械大手のディアがCEO(最高経営責任者)の交代に踏み切ったと報じた。10年間、CEOを務めたサミュエル・アレン氏(66歳)は会長となり、2019年4月にCOO(最高執行責任者)に着任したばかりのジョン・メイ氏(50歳)がCEOに昇格した。米国の需要が米中貿易摩擦の影響で低迷しているほか、海外売り上げも予想を下回っている。交代を受けて株価は3%上昇した。