ブルームバーグ通信は28日、現金の減少にあえいでいるファストファッション大手のフォーエバー21が米連邦破産法11条の適用申請の準備を進めていると報じた。追加資金を調達しようとしたが、現時点では出資者との協議が決裂しているという。申請が受理されれば不採算店を閉じ、事業立て直しに取り組む。フォーエバー21は全米のショッピングモールに数多く入居しているため、店舗の閉鎖はショッピングモールの痛手となりそうだ。