ロイター通信は8月27日、米連邦準備理事会(FRB)が常に2%の物価上昇率を目指す政策指針を修正し、当面は2%以上のインフレ率を目指すことで2%を下回っていた期間と相殺し、長期的に見て平均2%の上昇率とする方針に切り替えたと報じた。現時点で高まっている雇用とインフレ率の下げ圧力を戻すための方針転換。