ロイター通信は8月26日、米ホワイトハウスの高官が「米議会が航空業界を救済するための追加支援に応じない場合は、ドナルド・トランプ米大統領が単独で何らかの対策に動く可能性がある」と話したと報じた。前日にアメリカン航空が大規模解雇計画を発表したのを受けて。