米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は8月25日、同社製新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)の予防効果が1回目を接種した1カ月後の9倍になったとの治験結果を発表した。米ウォール・ストリート・ジャーナルなどが同日に報じた。米疾病対策センター(CDC)は米ファイザー製や米モデルナ製同様、J&Jのワクチンでもブースター接種が必要になるだろうとの見解を示していたが、最終的な決断は治験結果が出るまで延期していた。今回の結果を受け、9月に予定しているファイザーとモデルナのブースター接種の展開開始後、J&Jに対象を拡大するとみられる。