米ニューヨーク・タイムズは8月20日、米ニューヨーク州でも次期大統領選の郵送投票が可能になると報じた。ドナルド・トランプ米大統領が自身に不利として郵送投票に反対している中、全米の各州では郵送投票を許可する動きが広がっている。ニューヨークのアンドリュー・クオモ知事は同日、持病などを抱えているため新型コロナウイルスの感染を避ける必要がある人は郵送投票ができるとする法案に署名した。