ロイター通信は8月12日、米大統領選の民主党副大統領候補に決まったカマラ・ハリス上院議員が同大統領候補のジョー・バイデン前副大統領とともに演説に臨んだと報じた。ハリス上院議員は「米国民はリーダーシップを切望している。現大統領は自身を選んでくれた国民よりも自身のことばかり考えている」とドナルド・トランプ米大統領を批判した。