ロイター通信は8月11日、米大統領選民主党候補のジョー・バイデン前副大統領が副大統領候補にカマラ・ハリス上院議員を選んだと報じた。全米で高まる人種差別や警察官による暴力への批判から、バイデン氏が黒人女性を副大統領候補に選ぶ可能性が高いとみられていた。