米ウォールストリート・ジャーナルは8月10日、米マクドナルドが2019年11月に解任したスティーブ・イースターブルック前CEO(最高経営責任者)に対し、支払い済みの退職金やボーナスの返還を求めて提訴したと報じた。イースターブルック前CEOは複数の社員と性的な関係を持っていたにもかかわらず、役員会に対して虚偽の報告をし、証拠となるビデオや写真も削除していた。同社が同氏に払った退職手当は4200万ドル近くに上るとみられる。