東京五輪の米国での放映権を持つ米NBCユニバーサルは、17日間に及んだ東京五輪放映の視聴者数がプライムタイムの平均で1550万人だったと発表した。米ウォール・ストリート・ジャーナルが8月9日に報じた。2016年のリオデジャネイロに比べて42%減り、1988年にNBCが五輪の放映権を獲得してから最も低い数字だった。新型コロナウイルスの影響で棄権する選手が多かったことや1年延期されたことなどが響いた。一方、広告収入への影響はほぼなく、16年のリオ五輪の売り上げを超えるとみられている。