米ウォールストリート・ジャーナルは8月6日、7月26日~8月1日に米国で失業保険に申請した人の数が新型コロナウイルスの感染拡大で急増した4月以降、最も少なかったと報じた。前週より約25万件減の120万人。ただパンデミック以前の最大記録である1982年の69万5000人を超える水準が20週連続で続いている。