ロイター通信は4日、2019年の3大IPO(新規株式公開)の1つになるとみられている大手シェアオフィス「ウィーワーク」を運営するウィーカンパニーの主幹事はJPモルガンが務める可能性が高いと報じた。関係者によると、来週以降にウィーカンパニーが実施する債券発行を同行が引き受けるという。3大IPOのうち、配車サービス大手のリフトの主幹事を同行が、同ウーバーの主幹事はライバルのモルガン・スタンレーが務めていた。