ウォール・ストリート・ジャーナルは1日、英大手会計事務所のアーンスト・アンド・ヤング(EY)やスイス金融大手のクレディ・スイスなどがAI(人工知能)開発関連の職務に自閉症の人を積極的に採用していると報じた。多くの自閉症の人は集中力が高く、同じ作業を何時間も飽きずに続けてできる。AI開発には写真やビデオにラベルを付けるような繰り返し作業が不可欠で、こうした職務で自閉症の人たちの能力が生かせるという。