ロイター通信は31日、連邦準備理事会(FRB)が2008年のリーマンショック以来初となる利下げに踏み切り、「さらなる利下げにつながるドアを開いた」と報じた。短期金利の指標であるフェデラルファンド金利の誘導目標を0.25%引き下げ、年2.00~2.25%とした。