ロイター通信は7月29日、米アップルがiPhone(アイフォン)に対して発売から時間がたつと自動的に反応が遅くなったりバッテリーの持ちが悪くなったりするソフトウエアを使用するのは違法だとして、アリゾナ州主導で複数の州が調査を進めていると報じた。ロイターが入手した資料で明らかになったという。調査は少なくとも2018年10月からすでに進められており、アップルに対してデータの提出を求めていたことも分かった。