ロイター通信は25日、テスラが24日に発表した2019年4~6月期決算を受け、同社の株価や社債価格が下落したと報じた。イーロン・マスクCEOは決算発表で、黒字化が同年10~12月期になると言及。昨年は「今後、すぐに黒字化できる」と話していた。テスラの車載バッテリーを開発したジェイビー・ストローベルCTO(最高技術責任者)が退社することも懸念材料の一つとなっている。