米ウォールストリート・ジャーナルは7月20日、米小売り最大手のウォルマートが傘下の英スーパー、アズダ・グループの売却計画を再開したと報じた。新型コロナウイルス対策に集中するため、4月にいったん計画を停止していた。買い手を募集したところ、すでにいくつかの打診があったという。アズダの企業価値は2018年時点で90億ドルだった。