9月の新学期を前に、全米の大学で学生や教職員に新型コロナウイルスのワクチン接種を義務付けるか否かの論争が巻き起こっている。米インディアナ大学は新学期に出席する学生にワクチン接種証明の提出を求める意向だが、これを不当として学生や保守系運動家のジェームズ・ボップ氏が差し止めを求める裁判を連邦地裁に起こしていた。ウォール・ストリート・ジャーナルは19日、連邦地裁が18日に学生やボップ氏の請求を退け、同大が接種証明の提出を学生に求めることができるとの判決を下した。同様の訴訟がコネティカット大学やカリフォルニア州立大学などで起きている。