米国家安全保障局は7月16日、ロシア政府の情報機関に関連するハッキング・グループが新型コロナウイルスのワクチンの情報を米国や英国、カナダの政府系保健機関から盗み出そうとしていると明かした。ニューヨーク・タイムズなどが同日に報じた。ハッキング・グループは、「コージーベア」の呼び名でも知られるAPT29。特定の個人や組織に狙いを定めてパスワードを盗み取る「スピアフィッシング」や「マルウエア(悪意のあるプログラム)」を使って保健機関の研究内容にアクセスしようとしたという。