ロイター通信は15日、中国が2019年4~6月期に1992年以降で最低の国内総生産(GDP)成長率6.2%を記録したことについて、ドナルド・トランプ米大統領が「(米国の対中関税が)大きな影響を与えた」とツイートしたと報じた。「だから中国は米国と貿易交渉で合意したがっている。最初の合意内容を覆さなければよかったと願っている」とも記した。