ロイター通信は13日、100年近くの歴史を持つ百貨店の老舗、バーニーズ・ニューヨークが破産申請の検討をしていると報じた。高額の賃料と顧客の嗜好の変化に苦しんでいた。特に賃料が財務状況悪化の原因になっているため、融資を受けるなどして破産を回避する可能性も残されているという。