ロイター通信は9日、GAFA(アルファベット傘下のグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コム)の経営陣が16日に下院委員会に出席し、オンラインプラットフォームによる市場の支配力について証言すると報じた。司法省がグーグルとアップルを、連邦取引委員会(FTC)がフェイスブックとアマゾンを反トラスト法違反の疑いで調査していることを受けたもの。