ロイター通信は3日、連邦控訴裁判所(高裁)がアマゾン・ドット・コムの電子商取引(EC)サイトで販売された商品が外部事業者によって提供されたものでも、購入者がアマゾンの責任を問えるとの判決を下したと報じた。これまで同様の裁判で裁判所が下してきた判決を覆す内容。統計会社によるとアマゾンが提供する商品の半分は外部事業者が提供しているという。