ウォール・ストリート・ジャーナルは3日、ボーイングが「737MAX」で引き起こした2件の事故で犠牲になった乗客らの遺族や地域コミュニティーに1億ドルの補償金を支払うと報じた。補償金は遺族の生活資金や地域コミュニティーの教育活動などに使われる。