ウォール・ストリート・ジャーナルは2日、1980年代前半に破綻の危機に直面していたクライスラー(現フィアット・クライスラー・オートモービルズ)を救った経営者、リー・アイコッカ氏が死去したと報じた。パーキンソン病などの合併症のため。94歳だった。