米オンラインメディアのビジネス・インサイダーは7月1日、米電気自動車(EV)メーカーのテスラの時価総額がトヨタ自動車を抜いて世界1位になったと報じた。同日、テスラの株価が4%上昇して時価総額が2060億ドルとなり、トヨタの株価が1%下落して同2030億ドルとなった。自動車産業に資金を投じる投資家たちがソフトウエアや電動化技術をより重視し始めた。