ロイター通信は26日、なかなか利下げに踏み切らない連邦準備理事会(FRB)に腹を立てたドナルド・トランプ大統領が同日、テレビのインタビューでFRBのジェローム・パウエル議長を「いつでも解任できる」と話したと報じた。法律では「正当な理由」があれば大統領がFRB議長を解任できるが、その理由に「政治的見解の相違」は含まれていない。